拠点や結節点などの交通環境の整備・改善の推進

≪TOP

都市計画21は、利用者・地権者など関係者とともに新しい交通環境を検討・提案します


どんなよい計画や絵を描いてもその達成にむけ、ひたむきに努力する人たちがいなければ良いまちづくりはできません。
また、地道な継続こそが、まちの実現の近道だと考えます。『まちづくり』は『人づくり』であり、一人でも多くのまちづくりの主役を育てることを目標に、あたたかみのある地区のまちづくりに取り組んでいます。

まちづくりの主役たち・・
地区の住民、地元事業者、地元組織(町会、商店会など)、拠点利用者、地元行政組織、・・

私たちは、それぞれ異なった立場にいるまちづくりの主役たちが無理なく、みんなであたたかみのあるまちづくりが行えるよう、様々な方法、ツールを使って強力に支援します。



<弊社の取り組み>
様々なノウハウによる実態に適した調査手法を用いて、現状を十分に認識していただき、異なった立場の方々に自らの『地区を知ってもらい』、『地区を愛してもらい』、『地区を育んでもらう』を目標に対話型・協働型まちづくり(パブリックリレーション)を進め、実現性の高い計画の策定を目指します。

調査企画〜調査実施〜計画策定まで・・
・これまでの経験を活かし、独自に調査企画立案そして調査実施を行い、効率的で明確な位置づけでの調査実施を行ないます。
・調査企画立案では、目的に見合った調査項目の提案、調査地点の提案をいたします。
・調査実施では、安全で効率的な調査を独自に行います。
・実査に基づくとともに、これまでの経験を活かし、関係者の合意形成が図りやすい実査に基づいた計画の提案を行います。

地区の人々との効果の把握・・
・地区の人たちとともに『社会実験』を行い自分たちの提案を実際に行い、効果を肌で感じていただきます。


様々なツールを活用した関係者の合意形成とブラッシュアップ・・
・委員会・ワークショップなどに、様々なツールにより分かりやすい調査結果のご提案を行ない、関係者の意見を抽出し、計画をブラッシュアップしていきます。




<実績>
・八重洲広場地下駐車場変更に伴う課題調査(平成13年度)
・八重洲広場地下駐車場変更に伴う課題調査(その2)(平成14年度)
・原宿地区再開発地区計画のための事前調査(平成14年度)
・平成15年度八重洲広場地下駐車場変更に伴う課題調査(平成15年度)
・東京駅八重洲口開発事業に係る駐車場計画調査等業務(平成15〜16年度)
・鶯谷駅周辺基礎調査(平成16年度)
・東京駅八重洲口開発事業に係る駐車場管理運営方策検討業務(平成17年度)
・無錫国際科技新城概念計画方案募集(国際コンペ)(平成17年度)
・一体駐車場における利便性向上と安全性確保策(平成17年度)
・六本木ヒルズ周辺交通環境改善に向けた調査(平成17年度)
・平成18年度東京駅八重洲口開発事業に係る駐車場管理運営方策検討業務(平成18年度)
・横浜駅西口周辺交通調査(平成18年度)
・小手指駅周辺交通環境整備(社会実験)(平成18年度)
・六本木五丁目地区交通解析支援業務(平成18年度)
・桶川駅東口交通実態調査(平成18年度)
・平成19年度東京駅八重洲口開発事業に係る駐車場管理運営方策検討業務(平成19年度)
・横浜駅西口共同再開発計画に関わる交通計画策定業務(平成19年度)
・広尾散歩通りの快適歩行空間形成に向けた社会実験(平成19年度)

・新船橋駅周辺交通解析及び駅前広場算定(平成19年度)
・横浜駅西口共同再開発計画に関わる交通計画策定(その2)(平成19年度)



詳しい内容について、お気軽にお問い合わせください。